女がキレイに、健康で、開運するブログ「天使のウィンク」

女性がよりキレイに&美しく、健康で、運を高めるためのヒント、ノウハウ、ルール、マナー等情報や雑感をお知らせしています。

スポンサーリンク

女優の波瑠、ギタリストの村治佳織、モデルの畠山愛理らが『第46回 ベストドレッサー賞』受賞

ファッション性や話題性に富んだ人に贈られる日本メンズファッション協会主催の『第46回 ベストドレッサー賞』の授賞式が29日、都内で行われ、「芸能部門」を女優の波瑠(26)、歌舞伎俳優の尾上菊之助(40)が受賞した。

 


波瑠さん菊之助さんら受賞 ベストドレッサー賞

 1972年よりスタートした同アワードは、今年で46回目を迎えた。マスコミ、歴代受賞者によるアンケート結果と、選考委員会による最終審査をもとに各分野から受賞者を決定する。

 オーダメイドしたというワンピース姿を披露し「とてもうれしいですけど、身に余る賞で光栄です」と波瑠。ファッションの質問から、買い物事情に話題が及ぶと「普通に買い物をしていても騒がれないタイプです。でも最近はネットが多いかな」と話し、「今後は面白い大人になりたい。つまらないよりは、面白い方が大人はカッコいい。お芝居にしてもありきたりなキャラクターではなく、挑戦的な役で多面性を出していきたい」と力強く話した。

 「初日と千秋楽は基本的にスーツ」と話し、この日もビシっとしたスーツ姿で登壇した菊之助は「劇場に入るといろんな役を演じる。洋服は自分をニュートラルにしてくれる存在ですね」と笑顔で話し、記念品を受け取っていた。

 そのほか、今年は「経済部門」をワコールホールディングスの塚本能交社長、「学術・文化部門」をギタリストの村治佳織、「スポーツ部門」をスポーツキャスターでモデルの畠山愛理が受賞した。

◆波瑠、W受賞に喜び
同賞の芸能部門とウールマーク賞2017のW受賞となった波瑠は、受賞の感想を聞かれると「すごく嬉しいです。身に余る賞で光栄です」と喜び。

登場時にレッドカーペットを歩いた感想については、「フカフカしていてこけそうでした(笑)」と茶目っ気たっぷりに笑った。

◆“世界に1つ”の特別な衣装で登場
この日の衣装はウール100%のオーダーメイドだそうで「世界に1つしかない服を着させていただいているので、すごく嬉しいです」とにっこり。着心地を聞かれると「ぴったりフィットする服は気持ちいいので、安心感があります」と語った。

オフのときはどんな格好をしているのか尋ねられると、「大した格好はしていないです」と言って笑いを誘い、「Tシャツや、冬であればニットのものにジーンズだった「Tシャツや、冬であればニットのものにジーンズだったり、仕事柄、現場に行ったら着替える仕事なので、脱ぎ着しやすくて、着心地がいい服を着ています」と回答。

続けて「その季節季節でお気に入りの服があるとずっとそれを着て、夏のTシャツとかだと洗濯をし過ぎて、首クタクタになって、そろそろ(着るのを)やめようかなと思ってやめます(笑)」とプライベートでの様子を覗かせた。

洋服を買いに街に出ることはあるのか聞かれると「最近はほとんどネットで(笑)」と打ち明け、司会者から「街に出たら騒ぎになりますもんね」と投げかけられると「普通に買い物とかしているんですけど、全然騒がれないです」と笑顔を見せた。

◆目指すは“面白い大人”?目標語る
また波瑠は「あまり先のことを考えるのは得意ではない」といい、「こういう風になりたいなとか、未来の想像をするのが苦手で、“今とりあえず頑張ります!”みたいな感じです(笑)」とコメント。

どんな大人になっていこうと思っているか尋ねられると、「いろんな面を持っていたいなと思います。お芝居にしてもありきたりなキャラクターではなく、挑戦していきたいですし、そこにも多面があると面白いかなと思います」と目を輝かせた。

◆1年を振り返るやり残したことは?
今年1年については、「いろんな現場に行かせていただいて、いろんな経験をしましたけれども、去年、一昨年と変わらず、人に支えてもらっての1年だったなと思うので、あと1ヶ月もちゃんとその感謝を返して行けるように、仕事も頑張っていきたいなと思います」と回顧。

漢字1文字で表現するようお願いされると、「“遠”ですね。今年の作品は東京から遠く離れることが多かったのと、映画の撮影で丸々ひと月熊本県にいたりとか、刑事もののドラマが続いたりして。そうすると事件現場って都内では難しいので、すごく遠くに行ったりして、“暑い中、遠くにたくさん行ったなあ”ってイメージです」と撮影エピソードを披露した。

さらに、今年やり残したことは「もっと人に会えばよかったなって。また仕事仕事で終わってしまいそうなので、ちょっと後悔しています」と明かした。

◆「第46回ベストドレッサー賞
このほか、株式会社ワコールホールディングス代表取締役社長の塚本能交氏(政治・経済部門)、ギタリストの村治佳織(学術・文化部門)、歌舞伎役者の尾上菊之助(芸能部門)、スポーツキャスター・モデルの畠山愛理(スポーツ部門)が受賞した。

また『第6回渋谷ストリート・ベストドレッサー賞』を受賞した“れいぽよ”こと土屋怜菜(渋谷部門)、菅沼ゆり(原宿部門)も出席した。


★波瑠
波瑠(はる、1991年6月17日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル。東京都出身。ホリエージェンシー所属。


座右の銘は、「一視同仁」(すべての人を差別なく平等に愛すること)。

身長 164 cm
血液型 O型
職業 女優・ファッションモデル
ジャンル 映画・テレビドラマ・CM
活動期間2004年 -

◆人柄・人物
趣味は絵を描くこと、ドライブ、お風呂、映画鑑賞など。映画鑑賞は、高校卒業後、女優活動に専念できる環境になるも、一時的に仕事がない状態となった際に、何か資格を取ったりしようか悩むも、逃げ道を作ったらダメと考え、お芝居の勉強も兼ねて月に30本ペースで映画を見ることを始め、それから映画好きとなった。
漢字検定2級の資格を持っている。中学3年生のときに取得した。
高校は女子校に通っていた。
周りからは、「サバサバしている」「男前」と言われることが多い。
カニの着ぐるみを被っている写真やブタ鼻やつけ鼻とつけ髭をしている写真をブログにアップするなどお茶目な一面もある。

◆主な作品
映画
マリア様がみてる
『流れ星が消えないうちに』
『がじまる食堂の恋』

テレビドラマ
『おそろし〜三島屋変調百物語』
『あさが来た』
『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』
『お母さん、娘をやめていいですか?』
あなたのことはそれほど

◆受賞
2016年 第88回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞『あさが来た』
2016年 第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞(『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』)
2016年 東京ドラマアウォード 2016 主演女優賞(『あさが来た』)
2017年 第41回エランドール賞 新人賞
2017年 第93回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞あなたのことはそれほど
2017年 第46回ベストドレッサー賞 芸能部門

◆波瑠オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/horiagency-haru/

スポンサーリンク  
スポンサーリンク