女がキレイに、健康で、開運するブログ「天使のウィンク」

女性がよりキレイに&美しく、健康で、運を高めるためのヒント、ノウハウ、ルール、マナー等情報や雑感をお知らせしています。

スポンサーリンク

「計るだけダイエット」ってどうなの?

ダイエットはただの痩身術ではありません。

美しく、健康的に暮らす為の方法をとることが真のダイエットです。

適度な運動とカロリー控えめの食事で、イキイキと健康的に生活しましょう。

正しいダイエットでいつまでも若々しいつや肌、メリハリボディでいられます。

ダイエットの基本は摂取エネルギーより消費エネルギーを増やすこと。

摂取エネルギー<消費エネルギー

食事と運動を組み合わせて上手に取り組みましょう。

 

ダイエットの一つに話題になっている計るだけダイエットというのがあります。

1日に複数回体重を計りグラフ化するだけで体重管理ができる、という方法です。

 

毎日「体重と体脂肪」を測定し記録サイトを利用してグラフで実感しながらわずかですが落とすことができました。毎日朝一番に体重を記録しグラフにする。 "体重の見える化"でダイエット意識が高まりグラフが上に行けば「これはいけない」と思い、下に下がればうれしくなって一層努力するようになるところがいいですね。

後は歩数計を使って頑張っています。

 

●体重と同時に体脂肪も意識する。

脂肪が多いと血管が詰まりやすくなり、糖尿病、心臓病、高血圧、等、様々な生活習慣病の原因になります。

体重は標準でも体脂肪率が高くて「隠れ肥満」だったなんてこともあります。

体重だけではなく、体脂肪も要チェックです。

体脂肪率は体内の水分によって変わる為起床直後か食後2時間たってから計りましょう。

長期的に計測して記録を付け、変化を楽しんでください。

 


※「計るだけダイエット」とはその名の通り、体重計に乗ってその数値を記録していくという、極めてシンプルなダイエット法のことです。


NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」でこのダイエット法が放送されたのですが、番組での実践者のなんと83%が減量に成功したという、極めて効果の高い方法として大反響となりました。


体重計と記録用紙さえあれば誰でも出来る方法ですが、肥満の治療のために医療現場でも使われている方法でもありますので、その効果は折り紙つきです。

 

計るだけダイエット」とはその名の通り、体重計に乗ってその数値を記録していくという、極めてシンプルなダイエット法のことです。

NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」でこのダイエット法が放送されたのですが、番組での実践者のなんと83%が減量に成功したという、極めて効果の高い方法として大反響となりました。

 

体重計と記録用紙さえあれば誰でも出来る方法ですが、肥満の治療のために医療現場でも使われている方法でもありますので、その効果は折り紙つきです。


体重を計るだけで本当にダイエットできるの?と疑問に思っている人も多いと思いますが、そんな心配はいりません。 何せ「ためしてガッテン」で8割以上の人が成功しているダイエット法なのですが、これだけ高い成功率を出せる理由が5つあります。


1.始めるのがとっても簡単
毎日、朝と晩の体重を計って用紙に記録するだけなので、体重計と記録用紙さえあれば、今すぐにでも始めることが出来ます。


2.記録することでダイエットモードが維持できる
毎日記録することで様々な誘惑に左右されにくくなり、ダイエット後の自分の姿もイメージしやすくなります。


3.体重が増えたらその原因を書き留める
もし体重が増えたらどうして増えたのか、その原因を“言い訳”として用紙に書き留めることで、今後気をつけるべき生活習慣が明確になります。


4.体重が減るたびにやる気が出る
体重が減っていくのを目にすることで快感が得られ、モチベーションもアップしますので、継続しやすくなります。


5.少しずつ体重を減らすからリバウンドしない
このダイエット法では1日50g~100gを目安に徐々に体重を落としていきますので、リバウンドの心配がありません。(体重を急激に落としてしまうとリバウンドしやすくなります)


<どうしてリバウンドするの?>
私たちの体の中には「レプチン」という食欲を抑えるホルモンがあるのですが、急激に体重を落として脂肪が減ると、このレプチンの分泌量も減ってしまいます。 すると満腹感が得られにくくなるため、ついつい食べ過ぎてしまい、リバウンドしてしまうのです。


つまり、リバウンドしたくないのであれば、急に体重を落とすのではなく、少しずつ体重を減らしていくことが大事なのです。


●ガッテン流「計るだけダイエット」で成功するための5つのコツ

やることがシンプルなガッテン流「計るだけダイエット」ですが、より確実に効果を出すために是非行っておきたいことが5つあります。 これらを守るだけで成功に大きく近づくことが出来るでしょう。
1.体重計は目につくところに置いて、計り忘れを防ぐ
2.記録用紙はリビングなど目に入るところに貼る
3.体重測定はできるだけ同じ服装で行うことで、わずかな変化も見逃さない
4.メモ欄に書かれたことから太る原因を考える
5.体重の変動幅が大きくならないよう、夕食の量を調整する
以上の5つですが、どれも決して難しいものではありませんよね。


体重を記録していく前に、まずは自分の適正体重について把握しておきましょう。
適正体重は次の式で計算することができます。
身長(m)×身長(m)×18.5~24.9=適正体重
例えば、身長が160cmの場合
1.6×1.6×18.5~24.9=47.36~63.74kg
となります。
この適正体重を参考にして目標体重を定めるとよいと思います。

 

☆彡美しさは生きる力なり

 

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク