女がよりキレイに、美しく、健康で、開運するブログ「天使のウィンク」

女性がよりキレイに&美しく、健康で、運を高めるためのヒント、ノウハウ、ルール、マナー等情報や雑感をお知らせしています。

スポンサーリンク

怒られたらプラス語で感謝しよう~。

怒られたらプラス語で感謝しよう。

注意されたり、怒られたり、した時には必ず「ご指摘いただき、ありがとうございます」。というようにしましょう。

怒られると、「なんでそんなこと言われなきゃいけないの」とムッとしたり、落ち込んだりしがちです。

感謝の言葉は言いづらいかもしれませんがあえてこの「プラス語」を使ってみてください。

プラス語は気持ちを上向きにし、やる気を引き出してくれる言葉です。

この一言を言い返せるかどうかで、あなたが成長し、認められる存在になれるかどうかが決まります。


いきものがかり #01 ありがとう @国立競技場 FINAL 2014【HD】

「ご指摘いただき、ありがとうございます」「もっと教えてください」。と謙虚な気持ちで対応します。

すると相手は「ここができていないよ」「こうしたほうがいいよ」「○○さんに聞くとわかるから、聞いてみたら」などと具体的に、教えてくれます。

素直な気持ちで実行すれば自分の欠けているところが一つ埋まり、一つ成長できます。

成功のステップは「ありがとう」から始まります。

不平不満や愚痴などのマイナス語はあなたの成長を妨げる基となります。

どんな時もプラス語をかえせればこの人に仕事を任せても大丈夫と思ってもらえねようになるのです。

やったね。

スポンサーリンク  

3つのハイを実践し、可愛がられる仕事人になろう。

可愛がられる仕事人になろう。

仕事で成功するには、上司やお客様、周囲の人たちから可愛がられる女性になるのが一番。

可愛がられるということは、言葉を変えれば「ひいきにされる」ということ。

商売は、贔屓にしてくれるお客様がいるからこそ成り立ちます。

これは私たちの仕事においても同じです。

仕事でステップアップしていくためには、贔屓される人を目指しましょう。

 

 職場で贔屓される人とは「やる気が見える人」です。

常ににこにこと笑顔で「はい!」とはきはき返事をし、この仕事ができて、うれしいというオーラを出してきびきび動く人です。

 誰でもこんな人には仕事を頼みやすく、かわいがりたくなるものです。

あなたも、仕事で可愛がられる3つのハイと笑顔でやる気があることを前面に押し出していきましょう。

これだけのことを実践するだけで仕事をどんどん頼まれます。

新しい仕事も増え、、笑顔で取り組んでいるうちに、仕事力がついてきます。

更に贔屓にされ、職場でのポジションも上がっていくという好循環に入るのです。

 

参考ビデオ


『“はい!”という返事の重要性』Vol.267 働く女性の応援団長 朝倉千恵子

 

仕事で可愛がられる3つのハイを実践しよう。

①名前を呼ばれたらその場で、大きな声で「はい」と返事をしよう。

②キビキビ歩いて上司のもとへ行き、「はい、ご用件は何でしょうか」と笑顔で声掛けをする。

③用件を聞き終えたら「はい、かしこまりました」「ありがとうございます」と元気よく言いましょう。

知っていることとできることは違います。

人のいないところで何回も自然に言えるようになるまで練習をしましょう。

スポンサーリンク  

キレイな生き方をするための2大ポイントと5大プラス語とは?

キレイな生き方をしよう!

女性がきれいな生き方をするための2大ポイント

①女性は花として生きること。

②女性はプラス思考で生きること。

 

☆彡女性は花として生きること。

花は見る人の心を引き付け、明るい気持ちにし、癒してくれます。

殺風景なオフィスも、花を飾れば途端に雰囲気が明るくなります。

女性もその花と同じく、周りの人や社会を明るくする存在です。

そして常に笑顔を忘れないようにしましょう。

「笑顔」になると声も「笑声」になります。

笑顔は口角を上げて「ワイキキワイキキワイキキ」と何回も行ってみましょう。

「笑う門には福来る」。ですね。

女性として生まれたからには花であることを意識して思いっきり、おしゃれをして生きていかないともったいないですね。

 

花として、花として 咲かせてあげたい


夏川里美 - すべての人の心に花を ( はな すべてのひとのこころにはなを ) 【日文演唱】

 

☆彡女性はプラス思考で生きること。

プラス思考は物事を前向きに進め、いいことを呼び込むカギです。

物事には必ずプラス面とマイナス面の二つの見方があります。

このプラス面をゲーム感覚で捉えて、毎日を楽しく過ごしましょう。

 何事もものの見方捉え方の問題なのです。

物事をプラスにとらえる習慣がつくと愚痴や不平不満がなくなります。

わくわくと楽しい気分がさらに幸せを呼び、毎日がいい気分になります。

そんなあなたといると周りの人たちも「この人といると楽しい」という気分になるのです。

 

②-1

洋服も花柄でピンクがいいですね。

人の気持ちは来ているものと連動します。

黒を選ぶ人がいますが、色彩心理学から見て暗く地味な印象を与えます。

街を歩いていて、「あ、キレイだな」と思う人はきっと花色の服を着ているはずです。

②-2

プラス語を使いましょう。5大プラス語とは

花色で印象がころっと変わるように言葉でも印象は激変します。

ぷらす語とは気持ちを明るくしたり、やる気を引き出したり、楽しさや幸福感が増えて元気になれる言葉です。

正しい敬語や美しい言葉とはまた別ものです。

代表的なプラス語は「ありがとう」「幸せ」「楽しい」「嬉しい」「ツイてる」という5つです。

逆にいうと「愚痴、悪口、不平不満、泣き言」にまつわる言葉はすべてマイナス語です。

「ありがとう」に慣れていない人は一日100回、口に出して言う練習をしましょう。

最初は独り言、呪文のようにでもいいのです。

繰り返し、口にしていると不思議なことに、心から感謝の気持ちがあふれ出します。

言葉によって心が磨かれていくのです。

この訓練を本気で実践すると目がみるみる輝いてきます。

 

キレイな心は雰囲気として現れ、顔立ちまで美しく見せるようになるのです。

 

※オマケの付録

五日市剛氏もツキを呼ぶ「魔法の言葉」の中で

「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」を3大語として上げていらっしゃいました。

以上は石垣利英著「キレイな生き方」を参考にさせていただきました。

 

キレイな生き方 美しいマナーと言葉づかい

キレイな生き方 美しいマナーと言葉づかい

 

 

★井垣利英(いがきとしえ)株式会社シェリロゼ代表取締役、人材教育家、マナー講師

1970年1月21日、名古屋生まれ、東京在住。

2002年6月に、『なりたい自分になる』をテーマにした、内面・外見トータルの自分磨きスクール「シェリロゼ」を起業。

起業時からの目標は、多くの会社のスターを育て「教育業界のジャニーズ事務所にする!」こと。

マナー、プラス思考、メイク、コミュニケーションなどの講座【女磨き☆ココロ磨き】、美しいマナー&年中行事【マナー美人塾】を東京と名古屋で開催。これまで、3000人以上の人生を好転させてきた。企業での「社員研修」を含め、年100本ほどセミナー・講演会などを行っている。

Qさま!!』(テレビ朝日)、『深イイ話』(日本テレビ)、『この差って何ですか?』(TBS)などテレビ出演、雑誌、新聞の取材は200件以上。著書は、稲盛和夫氏(京セラ名誉会長、日本航空名誉会長)推薦の『仕事の神様が“ひいき”したくなる人の法則』(致知出版社)、13万部を突破した『しぐさのマナーとコツ』(学研)など多数。

スポンサーリンク  

キレイはお得がいっぱい~! 「以前の私と比べてきれいになった」で十分。

キレイはお得がいっぱい。

キレイは相手をより気持ちよくして、自分の能力と相手の能力を最大限に引き出すためのコミュニケーションです。

 

綺麗・キレイであることは互いの関係性を良くして、お互いの能力の一番良いところを引き出しあうために必要なのもなのです。

 

それまで無意識にきれいになることを否定していたり、「キレイになるなんて私には無理だし、関係ないわ」と酸っぱい葡萄扱いして、見ないふりをしてきた自分を変えましょう。

過去の自分にサヨナラをしてキレイになっていくととても幸せな暮らしや人生がやってきます。

キレイになることの究極の目的は「自分の人生を幸せ」にしていくことにあります。

外見をきれいにして、内面を高めていけば、仕事も、恋愛や結婚も、お金でも幸せになっていくことができます。

なぜならキレイになると次のようなことが起きるからです。

➀みんなが親切になり、大事にしてくれる。

➁人の善意を引き出し、自分もまた親切になる。

➂キレイの努力をするとほかのことに努力できるようになる。

 

➀みんなが親切になり、大事にしてくれる。

人は、きれいな人とそうでない人がいたときやはり、キレイな人の方を好みます。

 

➁人の善意を引き出し、自分もまた親切になる。

容姿をあまり構わないでいると、ココロもだんだんひねくれていきやすくなります。自信が持てないため、卑屈になったり、妬みやひがみが出てきたりしてしまいます。

 反対に、キレイでいるとみんなが大事にしてくれて、周りの人が優しく見えるので自分自身も周りに親切になります。

 またキレイは人の善意を引き出してくれるので、その善意に触れることで自分も周りの人を大事にしようと思います。

そういうことが積み重なっていけば自分の中の妬みや嫉みも減っていき、結果的には「見た目も心もキレイで可愛い人」になっていきます。

「見た目も心もキレイで可愛い人」になっていくことで、周りの人がますます大事にしてくれるようになり、自分がさらにキレイで可愛い人に磨かれていくというプラスの循環が生まれてきます。

 

➂キレイの努力をするとほかのことに努力できるようになる。

キレイは努力の関数です。

綺麗になるには割り箸を挟んで笑顔の練習をしたり、表情筋を鍛えるために、傍から見ると変な顔にしか見えないマッサージを続けたり、本を頭の上に置き、落ちないように歩いたり、ばかばかしく見えるようなことを地道にきちんと続ける努力が必要だったりします。

因みに笑顔を作るには口角を上げて「ワイキキ、ワイキキ、ワイキキ、ワイキキ」と繰り返すのもいいでしょ。

継続は力なり。

つまり、嫌なことがあっても逃げだしたり、投げ出したりしないで努力する癖がつけられるのです。

 こうした良いことが重なって、結果、幸運を呼び込むことにつながるというのがキレイ=幸せな人生の仕組みです。

綺麗になれば、仕事で助けてもらえたり、後押ししてもらえる、素敵な良いパートナーをを紹介してもらえたり、出会うことができます。

お金に関しても、賢くコツコツと貯めることができるようになり、経済的に自立した暮しもできるようになりいろんな面でお得がいっぱいです。

 女性の場合、結婚、出産のことを考えると20歳代のうちに手を打って早く確実に、キレイになりたいものですね。

 外見も中身も磨いてバランスよくきれいになっていくと、自分も楽しいし、毎日も幸せです。

 キレイはあくまで当人比でいいのです。「以前の私と比べてきれいになった」で十分です。

去年よりずっときれいになった♪~


イルカ 「なごり雪」

さあ今から始めましょう。

スポンサーリンク  

☆彡オマケの付録

秋から冬になり、炊事洗濯で白魚のような手がカサカサになって困っていましたらネットでライオンのハンドソープ「キレイキレイ」を見つけました。

泡タイプ「シトラスフルーティの香り ポンプ250ml」を早速使ってみるととてもいいんです。

 

 

汚れを落とし、キレイになるだけではなく、肌もしっとりと乙女のような柔肌の手になりました。

やったね~。

「求めよさらば与えられん」ですね。

これから何かいいことがあるかしら。

 

良質の血流はキレイを作る。

血液がキレイなら全身がきれいです。

 

良質の血流はキレイの必須条件です。血液の状態が良ければ肌も髪もきれいになって、太りにくい体質になります。

 

血液の流れすなわち血流はすべての身体機能を活性化させるカギを握っています。

血行が滞ると栄養や水分、酸素が十分に行き届かなるので肌も栄養失調状態になります。

 

例えば目の下のクマや肌のくすみは生まれつきだと思ってあきらめている人が多いのですが、実は、血行不良のせいということも多く、血行を良くすれば改善できることもあります。

 

血行の良い人は何歳になっても若々しい張りのある顔色をしていますが血行の悪い人は

10代の時から不健康な顔色をしています。

 

ではどうすれば血行は良くなるのでしょう。

血行不良はストレスや睡眠不足、血流を促すビタミン類の不足が原因で起こります。

 

血行を良くするためには

➀体を冷やさない。

体が冷えると、血管が収縮して、血流が悪くなります。素足のままでいたり、冷たい飲み物ばかり飲むなど、体を冷やす習慣はよしましょう。

体が冷えているということは血流の悪いところがある。つまり、体内のバランスが崩れている証拠です。「冷えは万病のもと」

その他としてふくらはぎをもんで血行を良くする。

体を温めるということは生命を続けていくことです。つまり健康になることです。

➁湯船につかる。

シャワーだけで済まさずに、入浴で体を十分温めましょう。39度前後のの湯に、15分ほど浸かる半身浴がお勧めです。

➂喫煙しない。「喫煙は百害あっても一利なし」です。

「精神的に癒される」。という人がいるかもしれませんが既に中毒状態に陥っているのです。

わざわざお金を払って病気になる必要はありません。

早く止めて、美味しい新鮮な空気を吸うようにしましょう。

 

➃食生活を改善する。血行を良くするビタミンEを多く含むナッツ類、貧血解消に役立つ鉄分を吸収しやすくするビタミンCをふくむやさい、果物類を積極的に摂取する。

これらはみな今の日常生活にプラスαすればいいことばかりです。

これを続ければ血行が良くなり、輝くような肌色になれるはずです。

高価な美容液に頼らなくても、血液の流れをよくする生活を心掛けたほうが肌はきれいになるし、安上がりですね。

スポンサーリンク  

カサカサ唇を“ぷるぷるうるうる”丹花の唇へ 予防と対策は? "心に太陽を、くちびるに歌を"

カサカサ唇を“ぷるぷるうるうる”丹花の唇へ 予防と対策は?

枯れ葉が舞い散る季節になり、空気が乾燥してきました。

いつものように肌のお手入れをきちんとしていても、また完璧にメイクをしていても唇がカサカサして、皮がむけていたら百年の恋も冷めるというものです。

つやのあるバラ色をした“ぷるぷるうるうる”丹花の唇でこそ「甘い口づけ」となるのです。

 やさしいキスをして♪~ ドリカム


やさしいキスをして - DREAMS COME TRUE

 

唇は皮膚で守られていないため、傷つきやすく(愛も傷つきやすい)、皮脂も出ないので、乾燥しやすいんです。

カサカサ肌の人は、見た目年齢が実年齢よりも、7~8歳は老けて見られるそうですよ


唇は、皮膚の中でも特に栄養不足による肌荒れがダイレクトに現れてしまいます。普段から外食やコンビニ食が多い、口内炎やニキビなどの肌荒れを併発している場合は注意が必要です。

 

☆彡カサカサ唇の原因

◆唇の外側からの刺激が原因と考えられるもの

➀舐める癖
唇がカサカサするからと、普段から唇を舐める癖がありませんか?
これは、一瞬潤うだけで、水分がさらに蒸発して、
カサカサ唇に拍車をかけて、魔のスパイラルに陥るだけです!
それよりも、リップクリームで潤いを閉じこめるようにしましょう。
 
➁口呼吸
気がついたら、口がポカーンとあいていないですか?
口呼吸は、唇だけじゃなく、口の中まで乾燥するので、
ウイルスが入りやすく、風邪になりやすかったり、
口臭の原因にもなるし、
また見た目的にも、決して賢くは見られません。
 
➂汚れを落としていない
お風呂に入った時など、唇までしっかり洗えていますか?
食事の後についた汚れを、そのままにしていませんか?
 
汚れが、刺激になって、唇が荒れることもあるんです。
荒れた唇は、とってもデリケートなので、
桃を扱うように、そっと洗って、優しく拭きましょう。
こするのは、もってのほかです!
 
あ、キスも刺激になったりするので、優しく、軽く、桃のようにと、
相手にお願いしましょうね。
 
➃リップクリームが合っていない
リップクリームを塗っても、カサカサ唇、だけど、塗らないと、もっとカサカサ唇。
という人は、リップクリームが合っていないかもしれません。
残念ながら、魔のスパイラルに陥ってしまっている状態かも。
 
そんなあなたには、なるべく無添加のものや、オーガニックのものがオススメ。
ただ、原材料に使われるものの中では、「ひまし油」と「蜜蝋(みつろう)」は荒れる人が多いものなので、
心当たりがあれば、違うものを試してみてもいいかもしれません。

・唇の日焼けをしないようにする
紫外線による日焼けが原因となり、唇がダメージを受けてしまうこともあるとされています。
外出する際は、普段使用しているリップクリームをUVのあるものに変更してあげるなど、工夫しましょう。
 
ちなみに、イチオシは、安いうえに、乾燥にはどこでもOKのワセリンです。
 
リップクリームの塗り方としては荒れている時には、柔らかいリップクリームがベスト。

 

塗り方は、唇のシワに合わせて、縦に塗ると、こする刺激が少なくて、唇には優しいです。

冬はリップクリームを温めてから使う様にしましょう。

 

◆内側から考えられる原因
➀ビタミン不足
ビタミンB群が、不足すると、肌や粘膜が弱くなります。
原因としては、ストレス、飲酒、偏った食生活などが考えられます。
 
ビタミンの中でも、積極的に摂りたいのは、ビタミンB2、B6、C。
バランス良く摂るのを前提に、

レバー、うなぎの蒲焼き、マグロ、カツオ、納豆、果物、玉子等などを摂るようにしてみてください。

私はチョコラBBプラスを飲んで治します。1日か二日で元の“ぷるぷるうるうる”丹花の唇に戻ります。 

【第3類医薬品】チョコラBBプラス 250錠

【第3類医薬品】チョコラBBプラス 250錠

 

  
➁胃腸の荒れ
胃腸の荒れは、全身のいたる所で、不調があらわれますが、唇もしかり。
飲みすぎた次の日は、カサカサ唇になっていたりしませんか?
 
暴飲暴食に心当たりがあれば、うどん、お粥など、を食べたり、胃腸に優しい食生活を心がけてみてくださいね。
そしてキウイやグレープフルーツなどのフルーツでビタミンCを補い、胃に負担のかかる繊維質の多いものは避けるようにします。


ちなみに、東洋医学では上唇は胃に、下唇は腸に関係があるんだそうですよ。
 
➂水分不足
冬は、夏に比べて、水分を取り忘れていることがあります。
やっぱり冬場も、小まめに少しずつ水分補給しないと、
体内の水分量が気づかないうちに減ってしまっているかも。

乾燥対策には「ペーターカロチン」がお勧め。カボチャやニンジンに多く含まれているので、煮物やみそ汁に入れてみるといいでしょう。

スキンケアについてはメインは保湿です。

保湿用の美容液を唇に塗って肌と同じようにケア。

また昔から唇の荒れにはハチミツがいいといわれています。

ハチミツは天然の潤滑剤。たっぷりと唇に塗り、その上からラップをかぶせて5分間すると唇がしっとりとしてきます。

砂糖スクラブマッサージもいいですね。


乾燥した空気に触れないように加湿器を使う事や、寝ている間の乾燥を防ぐためにマスクをして寝ることなども効果あります。


唇の色が悪い時にはリンパマッサージがいいです。

耳の後ろにあるくぼみ(耳下腺)を刺激して顔にたまった老廃物を流していけば次第に代謝が良くなり、唇がほんのりバラ色に。

バラ色の人生♪~。

メイクに関しては乾燥を加速させるバール入り口紅はよしましょう。

普通の口紅の上から薄くグロスを塗ってみてください。カサカサ唇の予防になります。


今までにお伝えしたどのリップケアをしても、唇の荒れが改善されない、またはさらに乾燥がひどくなることもあります。
その場合は、アトピーなどのアレルギーや口唇炎などの病気、ストレスの影響を受けている可能性も考えられます。
一度、病院を受診して、専門の医師に相談することをおすすめします。

スポンサーリンク  

 

唇が“ぷるぷるうるうる”丹花の唇なりましたネ。

 


心に太陽をもて、くちびるに歌をもて」と口に出して言ってみましょう。

 

なんだか今日一日良いことがありそうな気がしてきませんか。

ビタミンB₂やビタミンB₆を摂ってニキビを予防しよう。

前回ニキビ予防の基本は「洗顔で肌をきれいに保つことと、化粧水でしっかり保湿すること」と申し上げました。

 

今回は第2弾です。ビタミンB₂やビタミンB₆を摂ってニキビを予防しよう。

食物という観点から、ニキビや吹き出物を防ぐなら腸内環境を整えることが大事です。

体の中から、キレイにお掃除することでニキビのできにくい身体にしていくのです。

 

それにはこんにゃくが大活躍してくれます。

このこんにゃくの主成分である食物繊維(グルコマンナン)は腸内のお掃除係なのです。

腸の状態を整えて、ニキビや吹き出物を抑えるので、味噌汁や、煮物の中に入れて、時々食卓に登場させましょう。

更に、ニキビ予防にいいといわれるのがビタミンB類です。

皮膚の炎症には特にビタミンB₆が有効で、レバー、ジャガイモ、イワシ、マグロ、さけなどに含まれています。

 また、皮脂からくるニキビや吹き出物に悩んでいる方は、ビタミンB₂を積極的にとるようにしましょう。

ビタミンB₂は「美容ビタミン」とも呼ばれ、脂質の代謝に欠かせないものです。

イワシ、サバ、秋刀魚等、背の青い魚のほか、うなぎ、牛乳、納豆、シジミなどにも含まれています。

 また、エビやカニなどの甲殻類やいかやタコが好きな人というのは、額に白ニキビができやすい傾向があります。

気になる方はそういった食材は控えたほうがいいでしょう。

ところでホルモンバランスの崩れやストレス、皮脂の過剰分泌など、ニキビの原因は様々です。

オイリーな状態だけでなく、乾燥しすぎた肌にできることもあります。

 でも、生理前の吹き出物などはある程度予測ができますから「そろそろ出そうだな」と思ったら、リンパマッサージをして老廃物を体外に押し出したり、スクラブ洗顔で肌表面を柔らかくして、吹き出物ができにくい肌にしておくのも賢い「先手必勝法」です。

 ではニキビができてしまったらどうするか。少量のアルコールを含む化粧水をコットンに含ませてニキビの部分を殺菌した後心がある場合には清潔にした指先でニキビの周りをもみほぐし、あごの下をリンパマッサージします。

そのあとにビタミンCパックをして色素沈着を防ぎます。

くれぐれも無理につぶさないようにしてください。

そこから雑菌が入って炎症を起こしたり、ニキビ跡の原因になりかねません。

美白系の美容液も毛穴を引き締める効果が期待できるので脂性肌にはお勧めです。

スポンサーリンク