女がキレイに、健康で、開運する「天使のウィンク」

女性がよりキレイに&美しく、健康で、運を高めるためのヒント、ノウハウ、ルール、マナー等情報や雑感をお知らせしています。

スポンサーリンク

今日から開運! 運のいい女になる「生活習慣」とは?

自分に運命のラッキーブレイクを起こそう!

今日から開運! 運のいい女になる「生活習慣」のご紹介です。

 

1.「朝一番」をいい気分で過ごす。

朝、目覚めたときのエネルギーが1日の運気を左右する。


朝、目覚めたばかりの、まだ布団の中にいる時に持っているエネルギーこそがその日のあなたのテンションや感情、その日の出来事や物事の流れを決めています。

 

目覚めの状態が良ければよいほど、あなたはよい一日を過ごせることになり、一瞬、一瞬の時間を良いものにしていきます。

 

まずは、朝食の時間をゆったりと取ること。

 

その時間を利用してまだ一歩も外に出ないうちに、自分のエネルギーを調整するのです。

 

お気に入りの音楽やリラクゼーションCD等を聞きながら30分くらいかけて朝食をとり、心身のトーンを"良い目覚めと同じ状態"に整えるのです。

 

それができてから、1日のスタートを切る習慣を持つと、なんと軽やかで快調に過ごせることか、自分でもわかるはずです。

 

運気をアップさせる時に大切なのは、まず下がっているトーンをフラットな状態に戻すことなのです。

 

リラックスしてゆったりと食事をとると、内臓や細胞を無理なく、活発化させ、エネルギーのレベルを体内の内側から無理なく自然に、引き揚げてくれます。

 

内側から活性化されたエネルギーは自発的に動くためのパワーをもくれるので、元気な1日を過ごすことができるのです。


2.メイクには"発色のいい色"を使う。

幸運は輝きに満ちて光っている顔にやってくる。

 

顔は"外側からやってくる幸運を受け取るパーツ"です。

 

顔は他者に向けて、存在するものであるからこそ"どういう顔をしているか"が

良いことを受け取れるか否か、運が開けるかどうかに大きく影響しています。

 

それはあなたが美人か不美人か、シミシワが歩かないかということとは関係ありません。

重要なのは「幸運の女神が寄ってくる顔かどうか」なのです。

 

 それはずばり、"輝きに満ちて光っている顔"なのです。

 

具体的には
➀笑顔がキラキラ輝いている
➁肌が光っていて美しい。(肌に透明感があって、ハリ、つやがある)
➂発色の良いメイクで、いろがよいオーラを放っている。

 

これらの条件をクリアしていると、必ず幸運の女神が寄ってきてくれ、なにかと「いいこと」に恵まれるようになります。

 

特にメイクは今日からでもすぐに変えられ、手っ取り早く、運気アップを図れます。


 輝きに満ちて光っている顔を作るメイクのポイントをお伝えします。

 

➀ファンデーションは肌より少し明るめのトーンのものを選ぶ。そしてマットなものより、つやの出るタイプのものにする。


➁アイシャドウ、チーク、リップなどはくすんだ色や黒っぽい色やシックな色は避け、

発色のいい明るいカラーを使う。仕上げにはリップグロスで唇をつやつやにし、パールやラメの入ったパウダーをうまく使って顔に光を持たせる。

 

こうして光る顔を作ると、なぜか急に、運気アップします。


3.顔の中央は厚塗りしない。
仕上げには白やパールのパウダーをさっと

 

顔の中心や背骨など体の正中線上にある場所はすべて清潔にし、ナチュラルにキレイにキープする習慣を持つと、あなた自身の波動(貴方の持つエネルギーの微小振動)が高まり、よい現象が起こりやすくなります。

 

体の正中線はエネルギーの上昇ラインでもあり、また急所が集まっているので、そこがクリーンな状態であることが開運の大切なポイントです。

 

中でも、運気を左右する重要なパーツは"みけん""鼻筋""鼻先""あご"です。

 

ですからメイクアップするときはその部分は他の部分よりも、ファンデーションを薄塗にして、よれないように、キレイに伸ばしながらつけるようにし、お粉も軽くつけるようにします。
 
 そして仕上げには白やパールの入ったパウダーを軽くさっとなでるようにつけて、光を放つ状態を作るようにします。(仕上げの白やパールを用いるときは、軽くさっとかける程度で十分です。たくさんつけると違和感が出たり、避けたい"厚塗り"になったりしてしまいますから。)

 

これが光の波動を手っ取り早く取り入れられる開運メイクです。

 

このメイクを実践すると何となく顔がバーッと明るく見え、表情も生き生きしてくるのが自分でもわかります。

 

 

 

以上は 佳川奈未著 願いがかなう100の方法 より一部抜粋

 

スポンサーリンク  

 

 

スポンサーリンク