女がキレイに、健康で、開運する「天使のウィンク」

女性がよりキレイに&美しく、健康で、運を高めるためのヒント、ノウハウ、ルール、マナー等情報や雑感をお知らせしています。

スポンサーリンク

美人は「この野菜」を食べている。3大美肌レシピ&腸美人の朝・昼・夜の食生活

美人は「この野菜」を食べている。

 身体は食べた物で作られています。

 

お肌のハリは野菜で決まります。

 

年齢と共に身体に衰えを感じるのは「身体が酸化する=サビる」から。シワやシミができ始めるのも、身体の酸化が進んでいる証拠。

 

そこで活躍するのが野菜です。

 

特に野菜の持つ色や香り、苦みなどの成分である「フィトケミカル」は抗酸化作用が抜群。

 

また肌を健康にして、ハリと潤いを保つビタミン類も、野菜には豊富に悪まれているのです。

 

 毎日、たっぷりの野菜を、その力を壊さないように、なるべくシンプルな調理法で食べましょう。

 

 ふと気が付くと、肌がふっくら、しっとり、すべすべになっているはずです。

 

☆彡美肌レシピ

 

①シミ・ソバカスの美肌レシピ

Welcome  ビタミンA・C・E (エース) 「NO thank you 揚げ物!」を掲げましょう。

 

シミ・ソバカスを防ぐには、メラニン色素の肌への沈着を防ぐビタミンC、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促すビタミンA、Eをたっぷりとることが大切。

 

作り置きした揚げ物や時間のたった油を極力避けましょう。

 

★肌ケアクッキング 

 

◆ビタミンA・C・Eサラダ

☆材料2人分

ブロッコリー・・・1/2個

・にんじん・・・(千切り)2cm

・小松菜・・・(3センチ幅)4株

A・木綿豆腐・・・1/2丁

A・塩麹・・・大さじ1+1/2

A・酢・・・小さじ2

A・砕いたくるみ・・・適量

・塩コショウ・・・適量

 

1.ブロッコリーを子房に分けてさっとゆでる。

 

2.ボウルにAをいれ、混ぜ合わせる。

 

3.別のボウルに1.のブロッコリーとにんじん、小松菜、2.をいれ全体をさっと和える。

塩コショウで味を調える。

 

 

➁シワ・たるみの美肌レシピ

 

「ベジプロス(野菜で取るだし)を投入しましょう」

 

肌や粘膜の健康を保つビタミンA、肌の張りを作るコラーゲンの生成に必要不可欠なビタミンC、肌の潤いを保つビタミンEのほか、免疫力を上げるきのこ類、ネバネバ食品などを積極的にとりましょう。

 

ベジプロスは別名「若返りのエキス」といわれ、抗酸化力、免疫力があるので大いに活用しましょう。

 

◆抗酸化・免疫力アップスープ

 

☆材料2人分

・玉ねぎみじん切り・・・1/2個

・ニンジン・・・30グラム

・キャベツ・・・ざく切り2枚

・マイタケ・・・ほぐす1パック

・かぼちゃ・・・一口サイズにして蒸す1/10個

・乾燥わかめ…一つまみ

・ベジプロス・・・2カップ

・にんにく、しょうが・・・すりおろし各1かけ

・味噌・・・大さじ1

・塩・・・ひとつまみ

 

1.ベジプロスの材料を鍋に入れ、水2カップを加えて弱火で20-30分コトコト煮込み、ざるでこす。

 

2.鍋に、水大さじ2程度(分量外)、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、まいたけ、にんにく、しょうがを入れ、塩を振る。

 

全体がしんなりするまで弱火で蒸し煮する。

 

3.乾燥わかめ、ベジプロスを2.に加えわかめが戻るまで火にかける。

 

4. 2.に蒸したカボチャをつぶすように混ぜ合わせ、溶いた味噌を加えて味を調える。

 

 

➂ニキビ・吹き出物美肌レシピ

 

「脂・砂糖をカット」「辛いものでデトックスの2段構えでトラブルは卒業できます。」

 

ニキビや吹き出物は油脂や砂糖の摂りすぎが大きな原因。

 

揚げ物やナッツ類、お菓子、パン類、肉類、の油の食べ過ぎに注意。

 

 肌や粘膜の潤いを保つビタミンAや皮脂の分泌を保つビタミンB₂、B₆、ホルモンバランスを整えてターンオーバーを促すミネラルも積極的にとるほか、デトックス効果のある辛い物(大根、ネギ、ニラ、ワサビ)がお勧めです。

 

◆納豆の大根おろし和え

☆材料2人分

・納豆・・・2パック

・醤油・・・適量

・大根・・・10cm

・焼きのり・・・1枚

スプラウト・・・ブロッコリーなど適量

A・醤油・・・小さじ2

A・ワサビ・・・適量

・大根の葉・・・みじん切り適量

 

1.納豆と醤油を混ぜ合わせる。大根は半分を千切り、残りをすりおろす。

 

2.ボウルに1.の納豆と大根の千切り、スプラウト、ちぎった焼きのりをいれAを加えて混ぜ合わせる。

 

3. 2.を器に盛り、大根おろしと大根の葉を載せる。

 

 

 

☆彡腸美人の食生活!  "これだけポイント3大原則"

美しい肌を作るには腸をキレイな状態にしておくことが大切です。

 

そのためには

1.旬の野菜をたくさん食べる。

2.発酵食品をとる。

3.食物繊維を摂る。

 

①朝・・・味噌汁で肌を整える。

 

➁昼・・・「炭水化物」を食べてエネルギーチャージ。

 

➂夜・・・タンパク質を取り、寝てる間にきれいに。

 

豆類や豆腐等食物繊維を含む植物性のたんぱく質と魚をメインにして肉類は時々。

夕食は寝る3時間前までに済ませましょう。

 

 

 

なぜか「輝いて見える人」のちょっとした習慣 (PHPスペシャルBest Selection)

なぜか「輝いて見える人」のちょっとした習慣 (PHPスペシャルBest Selection)

 

 

以上は 『なぜか「輝いて見える人」のちょっとした習慣』

管理栄養士 木下あおい 執筆分より 一部抜粋

スポンサーリンク  
スポンサーリンク