女がキレイに、健康で、開運するブログ「天使のウィンク」

女性がよりキレイに&美しく、健康で、運を高めるためのヒント、ノウハウ、ルール、マナー等情報や雑感をお知らせしています。

スポンサーリンク

言葉を変えて幸せになる。「自分はいつでも自分の応援団」幸せを呼ぶ魔法の法則-自分編

幸せを呼ぶ魔法の法則とは

 

言葉を変えて幸せになる。自分編

 

①自分をほめよう。

・自分の最大の見方は自分なり。

 

うまくいかないことがあったとしても、

 

それに向かって頑張ったことも知っているのは自分だし、

 

チョット誤解されてしまったことがあっても、

 

そんなつもりでやったのではないことを知っているのも自分です。

 

だから

 

自分をほめてあげましょう。

 

「かわいい~!」「偉い~!」「頑張った~!」と褒めましょう。

 

※1996年アトランタ五輪の女子マラソン、有森裕子は持てる力を出し尽くして3位でゴール。直後の取材ゾーンで「初めて、自分で自分をほめたいと思います」と言いました。

 


オリンピック2大会連続メダルの有森裕子~周りに感謝のバルセロナと自分を褒めたアトランタ

 

「メダルの色は銅かもしれませんけど…、終わってから何でもっと頑張れなかったんだろうって思うレースはしたくなかったし、今回はそう思ってないし…」。そして沈黙した。「初めて、自分で自分をほめたいと思います

 

涙涙の物語~、ウルウルでした。

 

➁ミスした時も自分をほめる

ミスした時潔く、謝ります。

そしてその後自分をほめるんです。

「潔いいぞ、○○」「自分のミスを認められて偉い!」と。

 

失敗したり、ミスしたりして落ち込むのは当たり前。

 

でもね♪~

 

そんな暗い気分のままにして置いたら自分が可愛そう。

 

だから失敗しても褒めましょう。

 

もちろん同じ失敗やミスは繰り返さないよう原因を分析し、

 

対策を立てておきましょうね。

 

➂完璧でなくても褒める。

掃除が苦手でなかなか完璧にきれいにできなくても

 

チョット片づけたり、窓を拭いたりしたら自分を褒めましょう。

自分自身が喜びます。

 

➃かがみをみて「よしバッチリ」

鏡を見て、いい笑顔ができたら「よし、バッチリ」と自分を褒めましょう。

 街でショーウィンドーをみて「大丈夫、いけてる」。

こうしているといつもご機嫌でいられます。

 

➄自分はいつでも自分の応援団です。

うまくいったときは勿論、仕事で四苦八苦している時でも

「偉いぞ○○」「頑張れ○○」としょっちゅう褒めましょう。

 

ホメていると元気もやる気も出てきます。

 

「私なんか」「どうせ」なんて思ったら自分が可愛そうです。

 

「私でも」「私なら」できると思いましょう。

 

 

 みるみる幸せを呼ぶ魔法の法則より一部抜粋&補筆 

 

言葉を変えれば、見方が変わる。見方が変われば人生も世界も変わる。筆者の格言

 


経歴(プロフィール)
有森裕子(ありもり・ゆうこ)
1966年生まれ、岡山県岡山市出身。就実高校日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。バルセロナオリンピックアトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』でプロマラソンランナーを引退。日体大客員教授日本陸上競技連盟の理事、国連人口基金親善大使、国際陸上競技連盟女性委員会委員などを務める

 

●「初めて、自分で自分をほめたいと思います」について

「メダルの色は銅かもしれませんけど…、終わってから何でもっと頑張れなかったんだろうって思うレースはしたくなかったし、今回はそう思ってないし…」。そして沈黙した。「初めて、自分で自分をほめたいと思います」

 

有森 今でも、このフレーズが出てくるたびに言われますね。嫌じゃないですよ。うれしいです。でも、もともとは私のものじゃない。高石ともやさんが読まれた詩だったんです。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク